飼い犬のトラブル

念願の犬を飼ったものの、犬も生き物です、近隣や散歩中のに他人やそれ以外に迷惑をかけて、さらにはトラブルが起きてしまったら。
その後の人間関係に亀裂が入ってしまったり、損害賠償を請求されたりと大変です。
そうならないためにも、飼い犬へのしつけが大事です。

トラブルの原因となる飼い犬の問題行動、それは全て飼い主のしつけにかかっています。
トラブルに多いのが、噛みつき、無駄吠えです。
噛みつきは、直接他人に被害を与えてしまうので、問題です。
無駄吠えは、近隣の人からのクレームがきてしまいます。
飼い犬の躾は、最初が肝心です。
子犬の時から飼うことができるのであれば躾はしっかりとしましょう。
我が子同様に可愛くて甘やかしたい気持ちはありますが、あまりにも甘やかしすぎるのは禁物です。
散歩中、噛みつきそうな時にはしっかりと躾をしましょう。
自由にさせすぎると、あとから取り返しのつかないことになってしまいます。

無駄吠え、あなたの飼い犬は大丈夫ですか?特に飼い主の留守中に吠えていることはありませんか。
飼い主は、その迷惑さが分からないのが厄介で、その無駄吠えが聞こえる近隣住民としてはたまりません。
それが毎日続くといずれクレームがきてしまいます。
犬に不満や寂しい思いをさせないようにすることも飼い主の役目です。
1度トラブルになると、修復がなかなか難しくなってしまいます。
そうならないためにも飼い主の責任として、しっかり躾をしましょう。

Copyright © 2014 飼い犬トラブル防止策 All Rights Reserved.